横浜FW中川、移籍後初先発で初得点!「結果が一つほしかった」

8月14日(水)22時38分 スポーツニッポン

 ◇天皇杯3回戦 横浜2—1横浜FC(2019年8月14日 ニッパツ)

 今年3月にJ2琉球から加入した横浜のFW中川風希(24)が移籍後初先発を果たし、初得点となる先制点を挙げてチームの4回戦進出に貢献した。

 前半21分、MF三好の左クロスに反応。シュートはミートしなかったものの、「当ててコースを変えたら入るかなと思った」と左足で触り、ゴールに流し込んだ。待ち望んだ初得点に「出場機会をもらえた中で結果が一つほしかった。点が取れて良かった」と喜んだ。

 本来は中盤が本職で、センターフォワードの経験は「琉球時代に5試合くらいやった」程度だという。それでも、「ボランチやトップ下がボールを持った時に動き出せば、ボールが入ってきていた」と動き出しを意識してチャンスを何度もつくった。チーム最多11得点のFWエジガル・ジュニオが7月20日の神戸戦で左足関節骨折のケガを負って離脱中だけに、中川の存在は新たなオプションの一つになるかもしれない。

スポーツニッポン

「移籍」をもっと詳しく

「移籍」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ