昭和プロ野球のレジェンド・八重樫幸雄が振り返る「名将の魔術」

8月14日(水)16時57分 Sportiva




連載第2回

【軍隊式の「別所野球」から、三原脩流「大人の野球」へ】

——前回の連載第1回目「八重樫伝説」は大好評でした。今回からは、ヤクルトひと筋47年の八重樫さんが間近で見てきた「歴代名将」たちについて、集中的に伺っていこうと思います。

八重樫 僕がプロ入りした1970(昭和45)年は別所毅彦さんが監督で、このシーズン途中からは小川善治さん。そしてプロ2年目の1971年からは三原脩さん、続いて荒川博さん、廣岡達朗さん……と続いていくんだけど。みなさん、それぞれ個性的な監督だったよ。

——「魔術師」とか、「三原マジック」と称された三原脩さんと八重樫さんは、1971年から1973年まで3年間一緒に過ごされていますね。三原さんはどんな方だったのですか?

八重樫 プロに入った時の別所さんが、とても厳しい監督だったんだよね。キャンプの時には軍歌を流しながらの練習で、まさに軍隊式の統率を目指していたんだと思うけど、三原さんは正反対の性格で、「好々爺」という表現がピッタリの方だったという印象が強いかな。あまり口やかましいことは言わずに、選手たちを大人扱いしていた監督だよね。


ヤクルトなど、5球団で指揮を執った三原脩

——八重樫さんはまだプロ2年目、20歳を迎える時期でしたが、「怖さ」「厳しさ」はあまり感じなかったんですか?

八重樫 プロ2年目の僕に対しても、決して呼び捨てせずに「八重樫くん」と呼んでいたのが印象に残っているけど、「怖さ」や「厳しさ」はもちろん感じましたよ。でも、それはまた違った意味での「怖さ」「厳しさ」なんだ。細かいことは言わずに、選手を大人扱いする代わりに、じっと黙ったまま選手たちのことをしっかり見ていた。怠慢プレーや手を抜いた態度をとると、すぐに二軍に落としたり、スタメンから外されたりするような「怖さ」「厳しさ」は当然、ありましたよ。

——三原さんが監督に就任する前年、1970年のヤクルトアトムズは33勝92敗5分、勝率は.264で、圧倒的な最下位でした。「チーム再建」を託されての三原監督就任でしたが、三原さんはどのようにしてチームを変えていこうとしていたんですか?

八重樫 あの頃は、松岡(弘)さんもまだ若手だったし、浅野(啓司)さん、石岡(康三)さんなど、ピッチャーはそれなりに揃っていたんだけど、打撃陣が手薄だったんだ。だから、若手を積極的に育てながら「打撃強化」を意識されていたと思いますよ。僕も打撃を生かすためにキャッチャーから内野へコンバートされたんだから。それで、セカンド、ショートの練習を続けたんだよね。僕は足も速かったからね。

——現役晩年のイメージが強烈すぎて、「足が速い」というのは、正直なところまったく想像できないんですが……。

八重樫 ホントに速かったんだよ。当時は身長178cm、体重は80kg前後で、自分でも足には自信があったから(笑)。それに、バッティングはもともと評価されていたから、「高卒捕手は育成に時間がかかる」ということで、「八重樫の打撃を生かそう」ということで、セカンド、ショートになったんだよね。

【動乱にも動じない三原脩の胆力】

——当時はまだ、八重樫さんは若手選手でしたけど、三原さんのことはどのような目で見ていましたか?

八重樫 僕がよく覚えているのは、ナゴヤ球場での中日戦のこと。ある時、うちのショートを守っていた東条(文博)さんが、走者に足を引っかけられて転んだことがきっかけで、大乱闘になったんだ。それで、険悪なムードのまま試合が終わったんだけど、試合終了と同時に、観客たちがグラウンドになだれ込んで大騒ぎになったんだよね。

 多くの中日ファンは三塁側のヤクルトベンチに向かってきて、僕たちは大慌てでベンチ裏に避難したんだけど、三原さんはベンチに座って腕を組んだまま微動だにしない。コーチや、選手に対して、「早く避難しなさい」と自ら指示をしていたのに、当の本人はまったく逃げようとしないんだから。

——それで、三原さんは大丈夫だったんですか?

八重樫 大丈夫だったんだよ。三原さんは黙って座っているんだけど、中日ファンは近づいていけないんだ。ただ、遠巻きに三原さんを見ているだけで、一歩を踏み出すことができない。そのときに、「この監督は肝が据わっているな」と思ったし、「ハートが強い人だな」と感じたことは、今でもよく覚えているな。

——三原さんがアトムズ時代に出版した著書『勝つ 戦いにおける”ツキ”と”ヨミ”の研究』(サンケイ新聞出版局)を読むと、三原さん自身は「わたしは魔術師でもなければ、手品で勝負に勝ったわけではない」と言い、「三原魔術という言い方は好きではない」と明言しています。八重樫さんは「三原マジック」というフレーズについて、どんな印象を持っていますか?

八重樫 三原さんがどう思っていたかはわからないけど、「これが三原マジックなのか」と感じた試合はいくつかあったよ。たとえば、大塚(徹)さんって選手がいたんだけど、この人は現役通算で4度もサヨナラ押し出し四球を選んで日本記録を持っているんだよね。そのうちの1回が三原監督の時のものなんだけど、大塚さんはバッティングが得意ではなかったので、打席に入るときに三原監督から「一球も振るな」と声をかけられて、そのまま押し出しでサヨナラ勝ち。あとでその顛末を知ったときには、「さすが三原さんだ」と思ったね。

【三原監督から言われた「本物になったな」という言葉】

——まだ入団数年だった八重樫さんと、当時すでに「名将」の呼び声高い三原さん。年齢も経験もキャリアも、すべてが上である三原さんとは普通に会話をできたのですか?

八重樫 いや、全然会話なんてできるような感じじゃないですよ。今は選手が監督に気軽に声をかけたりすることができるようになったけど、僕らの頃は、年功序列というのか、当時の野球界は今よりもずっと厳しい世界でしたから。たぶん、古田(敦也)たちの時代くらいから、監督と選手の距離は近くなったと思うな。

——じゃあ、三原さんとは直接コミュニケーションをとったことはほとんどない?

八重樫 うん、ないね。でも、1度だけ三原さんに褒められたことは、よく覚えていますよ。あれはプロ2年目のこと。当時の僕は一軍と二軍を行ったり来たりしている状態だった。で、この年の夏にファームで北海道遠征をしたんです。関東の大洋も巨人も、3チームが北海道に集まって1カ月くらい試合をしたんだよね。この時、打撃が絶好調で13試合ぐらい出場して、10本だったか、11本だったか、とにかくホームランを量産したことがあったんです。

——ファームとはいえ、高卒2年目の若者が短期間で10本もホームランを打ったら、注目されますね。帰京後、すぐに一軍に呼ばれたんですか?

八重樫 そう、すぐに一軍に呼ばれてフリーバッティングをしていたら、それを三原さんがずっと見ていてくれたんです。そして、練習が終わったら、三原さんが直接、「八重樫くん、ようやく本物になったな」って言われたんです。

——おぉ、それは本当にうれしいですね。どういう点が「本物」だったんですか?

八重樫 いや、詳しくは僕もわからない。それ以上、監督と会話をするなんて雰囲気じゃなかったから。今の選手たちだったら、気軽に聞けたのかもしれないけど、当時はそんな雰囲気じゃなかったからね。あの松岡さんだって、三原さんに声をかけられたときには直立不動でしたから。ただ、いずれにしても、あの三原さんから直接、「本物になったね」と言われたのは本当にうれしかったし、今でもよく覚えているよ。

——それにしても、三原さんは高卒2年目の若手選手に対しても、「八重樫くん」と、”くん付け”で呼ぶんですね。

八重樫 そうでした。「若松くん、松岡くん」みたいな感じで、誰に対しても”くん付け”だった。自分が年上だからとか、実績があるからとか、そういうことで、威張ったりするような人じゃなかったけど、そういう人はあの時代では珍しいタイプだよね。

——そういう意味では「理不尽な体育会系」という感じではなく、「理性的な指導者」というイメージが強い方だったんですね。

八重樫 そうだね、まさにそんな感じかな。選手時代に三原さんの指導を受けて、5度の本塁打王はじめ多くのタイトルを獲得した中西太さんも、三原さんのことは心から尊敬していましたから。中西さんは三原さんの義理の息子(1956年に三原の長女のもとに婿入り)でもあるわけだけど、今でも中西さんと話をしていると、「本当に親父はすごかった」って口に出ることがある。中西さん自身、何度か監督経験(西鉄ライオンズなど)があるけど、「オレは監督に向いてなかった」って言って、続けて「親父のような気持ちの強さを少しでも持っていれば……」と口にしていたこともあったよ。

(つづく)

Sportiva

「プロ」をもっと詳しく

「プロ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ