フィールドマネージメントが井出有治を擁しケイマンGT4でポルシェスプリントチャレンジに参戦

8月15日(木)16時13分 AUTOSPORT web

 さまざまな大企業のコンサルタントに加え、プロ野球やサッカーJリーグでマネージメント・コンサルタントを行うフィールドマネージメントが、会社設立10周年を記念して、これまでスポーツビジネス分野で養ってきた知見のさらなる拡大を目指し、モータースポーツに参入することになった。まずはポルシェ・スプリントチャレンジ・ジャパンに井出有治を擁して参戦する。


 フィールドマネージメントは、プロ野球北海道日本ハムファイターズや東北楽天ゴールデンイーグルスなどのチームビジネスに参画したほか、Jリーグ理事としてリーグビジネスの発展に携わるなど、さまざまなスポーツビジネスに関わってきた並木裕太代表取締役社長がCEOを務める。


 今回、2009年9月のフィールドマネージメント設立から10周年を記念して、新たにモータースポーツに進出することになった。今年度はポルシェジャパンとの縁のもと、ポルシェ・スプリントチャレンジ・ジャパンにGT4車両であるポルシェ718ケイマンGT4・クラブスポーツ・コンペティションを投入。ドライバーとして、さまざまな経験をもつ井出有治を起用する。


 フィールドマネージメントでは、自社チーム結成によるモータースポーツ参戦により、モータースポーツビジネスの検証および事業化、またポルシェジャパンのモータースポーツビジネスとのジョイント等を通じ、新たなフィールドの開発を目指していくとしている。


フィールドマネージメント・レーシング 参戦概要

参戦レース:ポルシェスプリントチャレンジ ジャパン 2019

チーム名称:FIELD MANAGEMENT RACING

車両名  :FIELD MANAGEMENT Cayman GT4

ゼッケン :10番

ドライバー:井出有治


AUTOSPORT web

「ポルシェ」をもっと詳しく

「ポルシェ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ