ソフトバンク甲斐「意味がない」サイクル未遂も敗戦

8月15日(木)22時39分 日刊スポーツ

楽天対ソフトバンク 3回表ソフトバンク1死、甲斐は右翼に先制ソロ本塁打を放つ(撮影・浅見桂子)

写真を拡大


<楽天4−3ソフトバンク>◇15日◇楽天生命パーク

ソフトバンク甲斐拓也捕手がサイクル安打を逃したが、今季3度目の猛打賞をマークした。
チームが苦手とする楽天美馬から、3回に右越え11号先制ソロ。直前に送りバントを試みたが、空振り。二塁走者の牧原が飛び出し、アウトになるミスがあったが挽回した。5回には1死二塁で左前適時打、7回にも中堅への二塁打と固め打ちしたが「負けちゃったので意味がない。勝ちに貢献できるようにしたい」と殊勝だった。

日刊スポーツ

「ソフトバンク」をもっと詳しく

「ソフトバンク」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ