オリックス9年ぶり20点 球団最多は40年の32

8月15日(木)23時38分 日刊スポーツ

西武対オリックス 7回表オリックス1死、左越えソロ本塁打を放った吉田正はナインとハイタッチ(撮影・鈴木みどり)

写真を拡大


<西武8−20オリックス>◇15日◇メットライフドーム

オリックスが西武相手に20安打20得点。今季は6月30日の西武戦(メットライフドーム)で16安打しながら3点しか取れない珍事で大敗したが、この日は先発全員安打、全員得点で得点を重ねた。
オリックスの1試合20得点は10年6月7日の広島戦(福山)で21点取って以来9年ぶり。20得点以上は球団史上11度目で、球団最多は40年4月6日の南海戦で記録した32得点(プロ野球記録)。また、20安打は17年8月31日のロッテ戦(ZOZOマリン)で21安打して以来2年ぶり。

日刊スポーツ

「オリックス」をもっと詳しく

「オリックス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ