西武爆敗で小野投手コーチ謝罪「使った俺が悪い」

8月15日(木)23時23分 日刊スポーツ

西武対オリックス 2回表オリックス2死二、三塁、ロメロに四球を与え満塁のピンチを招いた後、降板する本田(右)(撮影・鈴木みどり)

写真を拡大


<西武8−20オリックス>◇15日◇メットライフドーム

西武投手陣が大炎上した。オリックス21回戦(メットライフドーム)で、球団ワーストタイとなる20失点を喫し、連勝が5で止まった。今季ワーストの20被安打で登板した6投手全員が失点。17日からの首位ソフトバンクとの直接対決に向け、気を引き締め直す。
   ◇   ◇   ◇
9回2死一塁、6番手の佐野が、ここまで安打のなかったオリックス後藤に適時二塁打を打たれ20点目と先発全員安打を許すと、本拠地のファンから失望のため息がもれた。04年6月16日オリックス戦、同年8月27日ダイエー戦に並ぶ球団ワースト記録。辻監督も「それは7点も5点も(一挙に)取られちゃね。普通は8点取ったら勝たないとダメ」と苦笑いで試合を振り返った。
1カ月ぶりに先発した本田が、2回途中7失点といきなり炎上した。2回無死、警戒していたオリックス4番ロメロにソロを浴びると、勢いづいた相手打線を止められなかった。「今日は全く自分の投球をすることができませんでした。序盤に大量失点をしてしまい、早い回に降板することになり、チームとライオンズファンの方に申し訳ない気持ちでいっぱいです」と悔やんだ。2番手小石も3回にロメロに満塁弾を浴び5失点。3番手の大石は4回こそ3者連続三振で切り抜けたが、5回に3ランを浴びるなど4失点。3投手で5回までに大量16点を失った。後続も次々と打ちこまれ、登板した6投手全員が失点。試合後にいつもより長めの投手ミーティングを行った小野投手コーチも「申し訳ないです。長打を打たれるとこういう試合になる。使った俺が悪い。申し訳ないです」と反省ばかりだった。
好調の「山賊打線」は、3者連続本塁打を含む、8試合連続2ケタ安打をマーク。乱闘騒ぎの初戦に勝ち、前夜には乱打戦を逆転勝ち。2勝1敗でカード勝ち越しこそ決めたが、最後に後味の悪い大敗を喫した。17日から敵地に乗り込んでソフトバンクと首位攻防。辻監督は「切り替えるしかないし、切り替えられますよ」と前を向いた。【鈴木正章】

日刊スポーツ

「西武」をもっと詳しく

「西武」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ