日本女子アマVの吉田優利が首位T浮上、男子は16歳・杉浦悠太が単独トップ【日本ジュニア 2日目】

8月16日(木)17時42分 ALBA.Net

日本女子アマ覇者の吉田優利が首位Tに浮上した(撮影:ALBA)

写真を拡大

<日本ジュニアゴルフ選手権競技 2日目◇16日◇霞ヶ関CC、男子(西コース6775ヤード・パー70)、女子(東コース6456ヤード・パー71)>

2020年東京五輪のゴルフ競技会場に決まっている埼玉県・霞ヶ関CCで開催中の「日本ジュニアゴルフ選手権競技」2日目。男女それぞれ12歳〜14歳の部(中学生)、15〜17歳の部(高校生)の合計4部門で競われている。


本日の全競技が終了し、女子15歳〜17歳の部では現在高校3年生の“プラチナ世代”政田夢乃(北海学園札幌高校3年)と、今年の「日本女子アマ」を制した吉田優利(麗澤高校3年)がトータル5アンダー・首位に並んでいる。

1打差3位には幸田彩里(名古屋市立西陵高等学校2年)が続いた。プロツアーでも活躍を見せる安田祐香(滝川第二高3年)は2バーディ・1ボギーの「70」で回り、トータルイーブンパー・15位タイに浮上している。

男子15歳〜17歳の部では、昨年大会で1打差2位に入った16歳・杉浦悠太(福井工業大学附属福井高校2年)が2ストローク伸ばし、トータル7アンダー・単独首位に浮上。初日に首位発進の中島啓太(代々木高3年)は「70」とスコアを伸ばせず、首位と1打差のトータル6アンダー・単独2位に後退した。池田勇太以来の大会連覇がかかる鈴木晃祐(西武台千葉高3年)は「74」と振るわず、トータル2オーバー・15位タイに沈んでいる。

【主な上位陣の成績・2日目】
■女子15歳〜17歳
1位T:吉田優利(麗澤高校3年) -5
1位T:政田夢乃(北海学園札幌高校3年) -5
3位:幸田彩里(名古屋市立西陵高校2年) -4
4位T:澁澤莉絵留(沖学園高校3年) -3
4位T:岩井千怜(埼玉栄高校1年) -3
4位T:岩井明愛(埼玉栄高校1年) -3
7位T:高久みなみ(明秀学園日立高校3年) -2
7位T:山下美夢有(大阪桐蔭高校2年) -2
7位T:柏原瑞季(クラーク記念国際高校2年) -2
7位T:西村優菜(大阪商業大学高校3年) -2

■男子15歳〜17歳
1位:杉浦悠太(福井工大附属福井高2年)-7
2位:中島啓太(代々木高3年)-6
3位:中尾亮太(同志社高校3年)-4
4位:久常涼(岡山県作陽高校1年)-3
5位:岡田晃平(明徳義塾高校2年)-2
6位T:新井隆一(福井工大附属福井高3年)-1
6位T:西片太一(日体荏原高3年)-1
6位T:中澤大樹(滝川第二高校3年)-1
6位T:宇喜多飛翔(関西高等学校2年)-1

■女子12歳〜14歳
1位T:森愉生 (倉敷市立西中2年)-2
1位T:湯淺芹 (京都市立嘉楽中3年) -2
3位:川崎春花(立命館中3年)-1
4位T:別所あにか (津市立橋南中3年)E
4位T:中澤瑠来(朝霞市立朝霞第二中3年)E
6位T:横山珠々奈(さくら市立氏家中3年)+1
6位T:花田華梨(宇都宮市立宝木中3年)+1
6位T:横山珠々奈(埼玉平成中2年)+1

男子12歳〜14歳
1位:吉沢己咲(藤岡市立北中2年)-3
2位:大嶋宝 (倉敷市立多津美中 3年)+1
3位:湯原光 ( 一宮市立西成東部中3年)+2
4位:隅内雅人 (水戸市立第二中2年) +3
5位T:本大志 (横浜市立末吉中1年)+4
5位T:大野倖 (四街道市立旭中3年)+4
5位T:清水蔵之介 (練馬区立八坂中1年)+4

<ゴルフ情報ALBA.Net>

ALBA.Net

「ジュニア」をもっと詳しく

「ジュニア」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ