NASCAR:デイル・アーンハートJrが乗った飛行機が大破炎上も、搭乗者は全員無事の報

8月16日(金)10時1分 AUTOSPORT web

 NASCAR.comや全米の主要メディアは8月16日、元NASCARドライバーで現在JRモータースポーツのチームオーナーとNBCの解説を務めているデイル・アーンハートJrが乗ったセスナ機が、テネシー州エリザベストン空港に着陸した後、滑走路から外れ大破炎上したと報じた。ただ、アーンハートJrと家族、ふたりのパイロット全員が脱出し、怪我はないという。


 7度のNASCARチャンピオンであるデイル・アーンハート・シニアの息子で、デイトナ500での二度の勝利をはじめ、2017年に引退するまでNASCARのトップドライバーのひとりとして活躍してきたアーンハートJrは、現在NBC局のNASCAR中継の解説を務めており、今週テネシー州のブリストル・モータースピードウェイで開催されるレースのためにトラックへ向かっていた。


 しかしNASCAR.comが連邦航空局(FAA)のレポートとして伝えたところによれば、16日午後、アーンハートJrと妻のエイミー、娘のイスラ、ふたりのパイロットが乗ったセスナ機は、エリザベストン空港に着陸した後、滑走路24の端から外れ炎上した。FAAによれば、炎上した飛行機はアーンハートJrによってN8JRとして登録した機体だという。


「事故後、5分以内に現場に到着したが、機体は完全に炎に包まれていた」とカーター郡のデクスター・ランズフォード保安官は夕方に行われた記者会見で述べた。


「しかし乗員は5人全員がそこから脱出しており、全員が負傷していなかった。この状況下で、我々は非常に恵まれており、幸運だった」


 また、エリザベストン消防局のバリー・キャリアー主任は、アーンハートJrは駆けつけた救急隊員と話をしながら、家族とともに緊急ではないかたちで地元病院に搬送されたと確認。その後アーンハートJrは退院しているという。


「彼らはとても幸運だった」とキャリアー主任。


「航空機の機体はほとんどが破壊されている」


 NBCスポーツは、SNS上でアーンハートJrは家族のために今週のブリストルのレース中継には参加しないが、2週間後に行われるダーリントン戦の放送に復帰すると発表した。下記はアーンハートJrの無事を伝えるNBCスポーツのツイート。




AUTOSPORT web

「大破」をもっと詳しく

「大破」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ