久保建英、バリャドリードへの移籍を拒否か

8月16日(金)12時0分 FOOTBALL TRIBE

写真提供: Gettyimages

 レアル・マドリードの日本代表MF久保建英はレアル・バリャドリードへのローン移籍を拒否したようだ。16日、スペイン紙『ムンド・デポルティーボ』が報じている。

 今夏の移籍市場でFC東京からレアル・マドリードに加入した久保。プレシーズン中はトップチームに帯同していたが、7日に行われたザルツブルク戦には胎動せず、Bチームにあたるカスティージャに合流していた。

 その久保に興味を示していたのがバリャドリードだ。トップリーグでのプレー経験を与えたいマドリードの思惑もあり、ローンで獲得するのではないかと報じられていた。

 しかし、『ムンド・デポルティーボ』によれば、久保陣営はバリャドリードへの移籍を拒否したようだ。代理人と父親はマドリードで成長することを望んでいるという。

 ただ、マドリードは久保のバリャドリードへのローン移籍を諦めておらず、交渉を続けるようだ。依然として去就は不透明と言えるだろう。

FOOTBALL TRIBE

「移籍」をもっと詳しく

「移籍」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ