ロブレン、ローマと個人合意に至ってなかった…

8月16日(金)11時0分 FOOTBALL TRIBE

デヤン・ロブレン 写真提供:GettyImages

 リバプールのクロアチア代表DFデヤン・ロブレンはローマと個人合意に至ってはいなかったようだ。16日、イタリア紙『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じている。

 15日付の報道で、ローマと個人合意に至ったとされていたロブレン。ローマ移籍に向け最終段階に入ったとみられていた。

 しかし、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によれば、ロブレンはローマと個人合意に至らなかったようだ。同選手がボーナスで望んでいた100万ユーロ(約1億1700万円)のアドオンをローマ側が拒否したことで交渉は破談に終わったようだ。

 ロブレンはローマ加入により、100万ユーロの減俸を受け入れていたが、ボーナスによりそれを取り戻せる契約を望んでいたようだ。

 ローマはすでに別のターゲット確保に向け動いているようだ。獲得候補を探す段階にあるとされている。

FOOTBALL TRIBE

「ローマ」をもっと詳しく

「ローマ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ