リバプールのクロアチア代表DF、ローマ移籍が近づく。移籍金は約30億円か?

8月16日(金)21時0分 フットボールチャンネル

 イングランド・プレミアリーグのリバプールに所属するクロアチア代表DFデヤン・ロブレンがローマ移籍に近づいているようだ。英メディア『ミラー』などが現地時間の16日に報じた。

 9日付の伊メディア『フットボールイタリア』には、買い取りオプション付きで1年間の期限付き移籍という条件でローマがオファーを提示したと報じられていた。だが、今回の報道では移籍金2300万ポンド(約30億円)でリバプールとローマが合意間近であるという。

 伊メディア『カルチョメルカート』は、すでにロブレンとローマが個人合意に達していて、残すはクラブ間合意であると報じている。ロブレンのローマ移籍は時間の問題かもしれない。

 ロブレンは2014年7月からリバプールに在籍しているセンターバック。昨季はフィルジル・ファン・ダイクやジョー・ゴメス、ジョエル・マティプの活躍、そして怪我による離脱によって公式戦18試合の出場にとどまった。

フットボールチャンネル

「移籍」をもっと詳しく

「移籍」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ