「実力は持っている」ロッテのドラ5中村稔、吉井コーチも認める能力

8月16日(金)9時38分 フルカウント

15日の日本ハム戦で6回から3イニングを無失点リリーフ

■ロッテ 6-0 日本ハム(15日・東京ドーム)

 ロッテのドラフト5位ルーキー中村稔弥投手が15日、東京ドームでの日本ハム戦(東京ドーム)で好リリーフを見せた。6回から自身3度目のリリーフ登板し、3回1安打無失点の好投で完封リレーに貢献した。

 5回を無失点に封じた先発・佐々木の後を受け、6回から登板した中村稔。「(佐々木)千隼さんが抑えてくれていたので、点差が離れて投げやすかった。あとは自分のボールをしっかり投げるだけ」。時折制球を乱しながらも、直球とツーシームを織り交ぜる田村のリードに導かれながら、6回、7回を3者凡退。8回に初めて走者を出し、2死一、二塁のピンチを招いたものの、2番・大田を高めの直球でピッチャーゴロに打ち取って3回を無失点に封じた。

 吉井理人投手コーチは「今日は佐々木と中村稔で最低6回、最高8回」と試合前から、この日の継投をプランニング。それに沿って「4回くらいから準備していた」というルーキー左腕は、ロングリリーフとして、最高の結果を出して見せた。

「(リリーフ陣が)みんな連投などしている中、今日は自分が投げると思っていました。ロングリリーフという立場なので、長いイニングを投げられて良かった」と、役割を果たしたことに安堵の表情を浮かべた中村稔。ロングリリーフを務める上で、大切にしていることは、投球のテンポだという。

ドラ2東妻、ドラ3小島の活躍が「刺激になります」

「チェンさんに教えてもらったのですが、テンポよく投げること。それで(味方打線の)得点につなげるのが大事だと言われたので、それを意識して投げています。(投球の)リズムを大事にしてストライク先行という意識で。それがこの前(10日の西武戦)みたいに失点をしてしまったら、リズムも悪くなるので、今日は無失点に抑えられて良かったです」

 この日でロングリリーフとしては3回目の登板となった中村稔。5日の楽天戦でプロ初ホールドを記録したが、前回10日の西武戦では、自らの暴投やボークなどもあって3回2失点。その反省を糧に、しっかり結果を残した。この3連戦では、13日にはドラ2東妻が好救援で2勝目、前日14日にドラ3小島がプロ初勝利をあげた。「すごいなっていうのもありますし、刺激になります。かなり。自分も頑張りたいって思います」。同じ大卒ルーキーたちの活躍も、大きな刺激となっている。

 そんな大卒ルーキー3投手について、井口資仁監督も「前半、下で頑張ってくれていた彼らが、上でも結果を残してくれているので、どんどん積極的に使っていきたい。若い力は必要ですし、しっかりと底上げしてくれていると思います」と、戦力として大いに期待を寄せている。

 思えば大卒同期3投手の中から、7月11日のフレッシュオールスターに唯一の出場したのが中村稔だった。広島・小園、阪神・小幡、中日・根尾から圧巻の”3者連続空振り三振”を奪い、中日・梅津とともに優秀選手賞を獲得した。「いくつか課題はありますが、しっかりゲームで複数イニング投げられる実力は持っている」と、吉井コーチの評価も確かなドラ5左腕。整備が進む投手陣の中で、しっかりとその役割を果たし、同期2人とともにチームを支えていく。(岩国誠 / Makoto Iwakuni)

フルカウント

「ロッテ」をもっと詳しく

「ロッテ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ