西岡良仁「特別な瞬間に」初マスターズ8強入り

8月16日(金)19時13分 日刊スポーツ

リターンする西岡(ロイター)

写真を拡大


<テニス:ウエスタン・アンド・サザン・オープン>◇15日(日本時間16日)◇米シンシナティ◇男子シングルス3回戦

世界77位の西岡良仁(23)は、今年2大会優勝で同38位のデミノー(オーストラリア)に勝ち、自身初のマスターズ大会ベスト8入りを決めた。
   ◇   ◇   ◇
西岡が、錦織に続いて、デミノーも破り、ついに自身初のマスターズ大会8強入りだ。16年3月のマイアミオープンで初のマスターズ大会本戦出場。約3年半、同本戦9大会目の挑戦で、目標だったベスト8にたどり着いた。「マスターズの準々決勝に行きたかったので幸せ。自分にとって特別な瞬間になった」。
相手は、今年すでに2大会で優勝しているトップ選手の1人だ。しかし、昨年3月のマイアミでストレート勝ちしていたことで「相性はいいと思っていた」と、手応えはあった。その言葉どおり、ゲームは競ったが、1度も相手にブレークポイントを与えず。しっかりと勝ちきった。
この1勝で、世界ランクが自己最高の58位に迫る。しかし、「今年の目標はトップ40入り」と、さらに高みを見つめる。20年東京五輪代表のボーダーライン、世界60位もクリアし、初の五輪代表もしっかりと見えてきた。

日刊スポーツ

「マスターズ」をもっと詳しく

「マスターズ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ