渋野日向子 初日は通算5アンダーでフィニッシュ

8月16日(金)10時20分 日刊スポーツ

1番、チップインバーディーを決め、観客の歓声に応える渋野(撮影・加藤諒)

写真を拡大


<女子ゴルフ:NEC軽井沢72トーナメント>◇第1日◇16日◇長野・軽井沢72ゴルフ北C(6705ヤード、パー72)

全英女子オープンを制した渋野日向子(20=RSK山陽放送)が、国内3勝目を目指し、凱旋(がいせん)2戦目に臨んだ。1、2番で連続バーディーを奪うなど通算5アンダーでフィニッシュした。
【1番383ヤード、パー4〉】
ティーショットはラフ。第2打はショートしてグリーンオンできずも、約20ヤードをチップインバーディー。
【2番553ヤード、パー5】
第1打はフェアウェー、第2打をラフに入れるものの、第3打をピン奥2メートルにつけ連続バーディー。
【3番183ヤード、パー3】
第1打でパーオン。2パットのパー。
【4番412ヤード、パー4】
第1打フェアウェーからパー。
【5番379ヤード、パー4】
第1打左ラフから、グリーン奥4メートルにつけ、見事に沈めてバーディー。トータル3アンダーに。
【6番415ヤード、パー4】
第1打フェアウェーからパーオン。2パットのパー。
【7番412ヤード、パー4】
第1打左ラフからグリーン奥のエッジ。50センチに寄せてパー。
【8番175ヤード、パー3】
第1打グリーンも8メートルのパットが2メートルのショート。これを外して3パットのボギー。ひとつ落として2アンダー。
【9番509ヤード、パー5】
第1打フェアウエー。第2打をグリーン手前のラフに運び、アプローチがピンそば1メートル。難なく決めてバーディーを奪いカムバック。
◇   ◇   ◇
【10番394ヤード、パー4】
第1打フェアウエーから2オン2パットのパー。
【11番392ヤード、パー4】
第1打フェアウエーから3メートルに2オンもバーディーパットを外してパー。
【12番168ヤード、パー3】
5メートルにパーオン。2パットでパー。
【13番547ヤード、パー5】
3打目をフェアウエーからピン奥5メートルへ。長めのバーディーパットを決めてバーディー。トータル4アンダーに。
【14番391ヤード、パー4】
2打目を奥2メートルのチャンスにつけるが外してパー。
【15番364ヤード、パー4】
フェアウエーからの2打目をピン6メートル。バーディーパットを惜しくも外してパー。
【16番480ヤード、パー5】
右ラフからフェアウエー。3打目をグリーン右5メートル、見事に沈めてバーディー。トータル5アンダー。
【17番160ヤード、パー3】
第1打がグリーン奥のラフに入るも1メートルに寄せてパー。
【18番388ヤード、パー4】
フェアウエーからの第2打をピン手前6メートルにパーオン。惜しくも外してパー。5アンダーでホールアウト。

日刊スポーツ

「渋野日向子」をもっと詳しく

「渋野日向子」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ