明石商延長Vスクイズ「練習はうそをつかない」監督

8月16日(金)21時42分 日刊スポーツ

宇部鴻城対明石商 ナインから勝利球をもらい笑顔を見せる明石商・狭間善徳監督(中央)(撮影・上田博志)

写真を拡大


<全国高校野球選手権:明石商3−2宇部鴻城>◇16日◇3回戦

センバツ4強の明石商(兵庫)が、お家芸の小技を集めて宇部鴻城(山口)にサヨナラ勝ちし、夏は初の8強入りを決めた。
8回にバント、エンドランなどで追いつき、延長10回に8番河野光輝内野手(3年)がスクイズを決めた。ほかに中京学院大中京(岐阜)作新学院(栃木)八戸学院光星(青森)が準々決勝に進んだ。
これが「明商野球」だ。野球を熟知した狭間善徳監督(55)ならではの戦法だった。1点を追う8回。先頭打者が出ると、代走窪田が登場。犠打で二塁に進んで、50メートル6秒0の快足は投手の癖を見切って三盗を決めた。1死三塁と好機を広げ、7番清水がフルカウントから「絶対ゴロを打とうと思った」と一塁方向にたたきつけヒットエンドランを成功させ、同点とした。
狭間監督は明徳義塾中(高知)で4度の全国制覇に導いた。本塁へのエンドランは軟式野球の常とう手段の1つだが、高校野球では珍しい。名将は「フルカウントなので外してこない。フライ以外なら1点入る作戦。よく高い球を転がした」としてやったりだ。決着をつけたのも磨き上げてきたお家芸。延長10回は1死満塁から8番河野が「一番自信を持って決められる」というスクイズを危なげなく決めた。指揮官も「取り組んできたことが出せた。どの引き出しを引いても選手ができるように準備している」と誇らしげだ。
体に染み込ませてきた武器だ。名将の「バントだけは全国のどこにも負けるな」という指令の下、全部員111人で毎日バントとスクイズ、エンドランの3種類を10本ずつ練習してきた。バント練習はストライクのみを打つケースと、スクイズを想定しどの球でも必ず当てるケースの2パターンがある。必ず手投げの球を打ち、長い時でバント練習だけに1時間を費やし、ナインの多くが「外されてもできる」と自信を持つ。
努力に裏打ちされた1勝に「あいつらは本当にすごい。こんな試合ができて、野球をやっていて本当に良かった。練習はうそをつかない」。18日の準々決勝は昨夏の初戦で8−9で敗れた八戸学院光星が相手。豊富な引き出しで強力打線をねじ伏せる。【望月千草】

日刊スポーツ

「延長」をもっと詳しく

「延長」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ