宇部鴻城・山本「池村信じ」スクイズ警戒も直球勝負

8月16日(金)19時38分 日刊スポーツ

宇部鴻城対明石商 サヨナラ負けし、グラウンドの土を集める宇部鴻城の選手たち(撮影・狩俣裕三)

写真を拡大


<全国高校野球選手:明石商3−2宇部鴻城>◇16日◇3回戦

優勝候補相手に、宇部鴻城バッテリーは最後まで攻め続けた。
2−2の延長10回1死満塁で、投前スクイズを決められサヨナラ負け。池村健太郎投手(3年)が投じたのは、真ん中の134キロ直球だった。「(スクイズは)当然警戒していましたが、ボールの力で押そうと思っていた。スクイズをさせないと思っていたのですが、相手のほうがうまかったです」と強気にいった結果だった。
池村と山本雄一郎捕手(3年)は小学生の時からの幼なじみで、11年来のバッテリー。山本も「正直外すというのはあったんですが、池村を信じて、自分のミットに投げ込んでほしかった。絶対真っすぐと決めていました」と相方を信頼し迷いはなかった。
初の8強はならなかったが、3年連続県大会決勝敗退から今年は16強に登りつめた。尾崎公彦監督(49)は「大きなものを背負ってやってきて、ここまで来た。称賛の声をあげるしかない」と手放しにナインを労った。

日刊スポーツ

「スクイズ」をもっと詳しく

「スクイズ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ