曹監督パワハラ疑惑調査、前倒し14日開始していた

8月16日(金)7時35分 日刊スポーツ

湘南曹貴裁監督(19年4月6日撮影)

写真を拡大


Jリーグが湘南ベルマーレの曹貴裁(チョウ・キジェ)監督(50=指導自粛中)によるスタッフや選手へのパワハラ疑惑についての調査を、当初の予定から約1週間前倒しして14日に開始したことが、15日までに分かった。
Jリーグは7月に同問題に関する匿名の通報を受けて以来、入念に聞き取り調査に向けての準備を進めていたという。その後、詳細な具体的な事例をもとに選手、スタッフへの事実関係の聞き取りを開始したとみられる。なお、曹監督はJリーグの調査結果が出るまで13日から活動を自粛している。

日刊スポーツ

「パワハラ」をもっと詳しく

「パワハラ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ