脇村春夫氏「身に余る光栄」野球殿堂入り表彰

8月16日(金)13時7分 日刊スポーツ


日本高校野球連盟元会長・脇村春夫氏(87)の野球殿堂入りの表彰セレモニーが16日、甲子園球場で行われた。
表彰セレモニーでは、斎藤惇・野球殿堂博物館理事長が殿堂レリーフのレプリカを贈呈。八田英二・日本高野連会長が花束を贈呈した。
脇村氏は以下のコメントを発表した。
「野球殿堂入りするとは夢にも思っていませんでした。身に余る光栄であり、感謝申し上げます。選手たちが楽しくプレーできるようお手伝いをしたい、との思いで高校野球に関わってまいりました。2002年11月から6年間、日本高校野球連盟の会長としてプロ野球との関係健全化や指導者の育成にも力を注いでまいりましたが、今日このような前進をみることができたのは、議論を重ねながら、高校野球の発展を思い支えているたくさんの方々のご協力のおかげです。今後は、時代の流れとともに進化していく高校野球のファンの1人として見守り、ますますの発展を心から願っています」。

日刊スポーツ

「野球殿堂」をもっと詳しく

「野球殿堂」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ