中日高橋周平が代打復帰で四球 ファンから大歓声

8月16日(金)20時18分 日刊スポーツ

ヤクルト対中日 打撃練習する中日高橋(撮影・中島郁夫)

写真を拡大


<ヤクルト2−4中日>◇16日◇神宮

中日高橋周平内野手(25)が、代打で戦列復帰した。4−2の6回2死三塁の追加点機で代打で登場。
ドラゴンズファンから大きな歓声があがる中、ヤクルトの2番手・五十嵐から四球を選んだ。2死一、三塁と好機を広げたが、5点目にはつながらず。代打の1打席だけでベンチに下がった。
高橋は7月16日阪神戦での帰塁の際、右小指橈側(とうそく)側副靱帯(じんたい)を断裂し、出場選手登録を抹消されていた。この日から1軍復帰し、試合前練習は打撃、守備ともに行った。「やるしかない。チームの勝利に貢献したい」と意気込みを示していた。

日刊スポーツ

「代打」をもっと詳しく

「代打」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ