マリナーズ勝利、好調シーガーが3打点で貢献

8月16日(金)11時23分 日刊スポーツ


<タイガース2−7マリナーズ>◇15日(日本時間16日)◇コメリカパーク

マリナーズは初回、2回と無得点に終わったものの、3回にカイル・シーガー三塁手が2点適時二塁打を放つなどして3点を奪取。その後1点差とされるも、終盤に得点を積み上げ勝利した。
マリナーズのスコット・サービス監督は「最初の2回はまだ準備ができていなかったんだと思う。デーゲームだったし、まだしっかりと目が覚めていなかったんだろう」と振り返った。
マリナーズは9試合中8試合を落とした状態でタイガースとの3連戦に入ったが、これでシリーズを2勝1敗とした。この日、5打数2安打、3打点、1得点で勝利に貢献したシーガーは、13日の試合では3本塁打6打点を記録しており、シリーズ勝ち越しの立役者となった。
サービス監督は「カイルはビッグヒットを何本か放ってくれたね。最近はシリーズであまり勝ち越せていなかったから、これがロードでの良いスタートとなった」と喜んだ。

日刊スポーツ

「マリナーズ」をもっと詳しく

「マリナーズ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ