心震えた近江バッテリーの涙/ヒロド歩美

8月16日(金)7時25分 日刊スポーツ

近江の有馬くん(左)と林くんは日本一のバッテリー(ヒロド歩美のインスタグラムより)

写真を拡大


<ヒロド歩美の甲子園ノート>

高校野球の魅力を熱く伝える人気番組「熱闘甲子園」(ABCテレビ・テレビ朝日系列全国ネット)のキャスターを務めるABCテレビのヒロド歩美アナウンサーが大会中連日、コラム「甲子園ノート」で球児たちの素顔に迫る。
<近江 林優樹投手&有馬諒捕手>
近江(滋賀)の皆さんは、いつ取材させていただいても自然体が印象的なチームです。
エースの林優樹くん。試合後、涙をこらえる姿は普段のおちゃめな様子とはあまりに違っていました。そんな林くんを見守る、キャッチャー有馬諒くん。試合中も、試合後も、宿舎でも、横にいるのはいつも彼。「負けてしまったけど、最高のピッチングしたので日本一のバッテリーだと思います」と笑顔で話してくれました。「笑っていないと泣いてしまうから」。キャプテンとして、チームの柱として、有馬くんは泣かないように試合後も耐えていました。でも、宿舎での最後のスピーチで仲間へ感謝の気持ちを伝えた途端、涙があふれました。2人の涙に、私も心が震えました。
そんな彼らの背中を追うのが、東海大相模戦に1番打者で出場していた2年生の土田龍空くん。突然の告白をしてくれました。「新チームのキャプテンをします!」。先輩たちからの推薦で決まったそうです。新たに変わった近江に会えることを楽しみにしています!(熱闘甲子園キャスター)
◆ヒロド歩美(ひろど・あゆみ)1991年(平3)10月25日、兵庫県宝塚市出身の27歳。2014年入社。2016年にABCテレビ女性アナウンサーとして初の「熱闘甲子園」キャスターを務める。現在の主な担当番組は「サンデーLIVE!!」「そんなコト考えた事なかったクイズ!トリニクって何の肉!?」(いずれもABCテレビ・テレビ朝日系列全国ネット)

日刊スポーツ

「バッテリー」をもっと詳しく

「バッテリー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ