中日逃げ切り三ツ間2勝目、ヤクルト小川は11敗目

8月16日(金)21時35分 日刊スポーツ

ヤクルト対中日 力投する中日三ツ間(撮影・中島郁夫)

写真を拡大


<ヤクルト2−4中日>◇16日◇神宮

先発はヤクルト小川と中日ロメロ。中日は1回1死一塁から大島の1号2ラン、2死一塁から堂上の11号2ランで4点を先取した。
ヤクルトは4回、広岡のソロと雄平の適時内野安打で2点をかえした。小川は5回4失点、中日ロメロは4回1/3を2失点で降板。
5回以降は両軍ともに追加点なく、中日が逃げ切った。三ツ間が2勝目、岡田が6セーブ目。ヤクルトは連勝が3でストップ。小川が自己ワーストの11敗目を喫した。

日刊スポーツ

「中日」をもっと詳しく

「中日」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ