渋野日向子 67で3打差7位と好スタート「初日にしてはいいと思う」

8月16日(金)16時31分 スポーツ報知

9番2打目地点で笑顔を見せる渋野日向子

写真を拡大


◆女子プロゴルフツアー NEC軽井沢72第1日(16日、長野・軽井沢72G北C=6705ヤード、パー72)

 2週前のAIG全英女子オープンで日本勢2人目のメジャー制覇をした渋野日向子(20)=RSK山陽放送=は大勢のギャラリーに見守られる中、6バーディー、1ボギーの67で回り、5アンダーの7位。首位と3打差となった。

 1、2番で連続バーディーを奪うと、5番でもスコアを伸ばした。8番で3パットのボギーをたたいたが、9番パー5では第3打を1メートルに寄せてバーディー。後半は、13、16番のパー5でいずれも4メートルのバーディーパットを沈めて2つ伸ばした。

 渋野は「1番からバーディーを取れて、今日はいいのかなって。初日にしてはいいと思う。(体調は)夜中にせきが出て目が覚めてしまうが、それくらい。この試合は例年伸ばし合いなので、明日もしっかり伸ばせたら」と振り返った。

 64で回った浜田茉優が単独首位発進。65のアン・ソンジュ(韓国)が2位につけた。アマチュアの大田紗羅、浅井咲希、木村彩子、大西葵が66で3位となった。渋野と同じ67の7位には、大城さつき、穴井詩、笠りつ子、原英莉花らがつけた。松田鈴英は68で13位。アマの安田祐香は70で、勝みなみイ・ボミ(韓国)と並び、35位となった。

スポーツ報知

「渋野日向子」をもっと詳しく

「渋野日向子」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ