福島・いわき市選抜が東京Dで熱闘 元巨人・堀内さん見守った…少年少女野球大会

8月16日(金)9時39分 スポーツ報知

憧れの東京ドームで全力プレーをみせた選手たち

写真を拡大


 東日本大震災の復興支援の一環として福島の子どもたちを招いた「未来にはばたけ! 少年少女野球大会in東京ドーム」(一般財団法人シミズオクトベースボールアカデミー主催)がこのほど、東京ドームで行われた。

 福島・いわき市で選抜された選手たちが2チームに分かれ参加。元巨人監督・堀内恒夫スーパーバイザーが見守る中、計4チームがトーナメントで熱戦を展開した。決勝戦は「いわきサンシャインズ」が「オール文京」に勝利した。完封勝ちに貢献した左腕投手・芳賀奏斗くん(小学6年)は「腕を振って力で押そうと思った。東京ドームはとても投げやすかったです」と笑顔で汗をぬぐった。

 株式会社シミズオクトの清水太郎代表取締役社長は「子どもたちと、被災地のために出来ることを今後も続けていきたい」と話した。

スポーツ報知

「東京」をもっと詳しく

「東京」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ