【DeNA】冷蔵庫殴打で骨折のパットン、CS復帰が目標…2軍施設でリハビリ

8月16日(金)6時1分 スポーツ報知

2軍施設で右手小指リハビリ中のパットン

写真を拡大


  冷蔵庫殴打で右手小指を骨折したDeNAのスペンサー・パットン投手(31)が15日、神奈川・横須賀市内の2軍施設で取材に応じ「骨が治って投げ始められるようになったらすぐにでも戻りたい。6週から8週を目標にしている」と説明。来月末のシーズンの最終盤、もしくは、10月のクライマックスシリーズ(CS)での復帰を目指していることを明かした。

 過ちを反省し、前を向いた。パットンは3日の巨人戦(横浜)で1死も取れず降板後、一塁ベンチにある冷蔵庫をパンチ。「右手第5中手手根関節脱臼骨折」と診断され米国に帰国し、10日(日本時間)に患部の整復手術を行った。再来日後、球団から罰金500万円と野球親交活動へ参加を科された。

 この日はリハビリを行い「順調にきていて指を動かすこともできる。今は(患部以外の)上半身、下半身をいい状態に保てるように」と前向き。手術日から6週間後の9月21日はシーズン中、8週間後の10月5日はCS第1S初戦の日だけに、諦めずリハビリに努めていく。

スポーツ報知

「パットン」をもっと詳しく

「パットン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ