【広島】大瀬良が今季6度目の完投で3年連続4度目の2ケタ勝利 チームも7月5日以来の2位浮上

8月16日(金)22時18分 スポーツ報知

力投する先発の大瀬良大地

写真を拡大


◆DeNA2—4広島(16日・横浜スタジアム)

 広島・大瀬良大地投手(28)が9回を119球2失点の今季6度目の完投で、3年連続4度目の2ケタ勝利を挙げた。「疲れたんですけど、最後に大きな声援を頂いて、最高のいい疲れになりました」と笑顔で振り返った。

 4回2死二、三塁から戸柱に中堅フェンス直撃の2点三塁打を浴びたが、それ以外は要所を締めた。「特にこの球場ではよくやられている。何度もやられっぱなしではいけないと思って、強い気持ちでマウンドに上がりました」。今季は2戦2敗で防御率9・28と苦手にしていた横浜でやり返し、チームを2位に導いた。

 3年連続2ケタ勝利は、広島では2010〜15年の前田健太(現ドジャース)以来の快挙。「野手の皆さんであったり、大声援を頂けるファンの皆さんのおかげ。これからも伸ばせるように頑張りたい」と意気込んでいた。

スポーツ報知

「7月」をもっと詳しく

「7月」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ