八村塁、神様・ジョーダンとの電話秘話明かす「動揺して『Thank you』しか言ってない(笑い)」

8月16日(金)14時38分 スポーツ報知

都内でのトークショーに登場した八村塁(右)と司会の佐々木クリス氏(左)

写真を拡大


 NBAドラフトで日本人初の1巡目指名を受けた八村塁(21)=ウィザーズ=は16日、都内のナイキショップで行われたトークショーに登場した。

 八村はドラフト後に、ナイキ社が展開する“バスケットボールの神様”マイケル・ジョーダン氏の名を冠した「ジョーダン・ブランド」と日本人で初めて契約。トークショーでは契約に至る秘話を明かし「急に(ナイキの)社員の人に電話を渡されてそこにMJって書いてあった。『MJって誰だ?』と思ったらあのMJ(マイケル・ジョーダン)。とにかく『ウェルカム トゥー ジョーダン ファミリー』って言われたのしか覚えていなくて、本当に動揺した。ぼくはずっと『Thank you』しか言わなかった」。神様とのたった数秒間の電話は「今も考えられない。鳥肌立つくらい」と興奮気味に話した。

スポーツ報知

「八村塁」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「八村塁」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ