【オリックス】9年ぶりの20得点に西村監督「素晴らしかった」

8月16日(金)0時8分 スポーツ報知

連敗を止めハイタッチをするオリックスナイン

写真を拡大


◆西武8—20オリックス(15日・メットライフドーム)

 オリックスは今季最多の20安打&20得点で連敗を4で止めた。

 2回に打者12人で8安打を放ち7点を先制すると、3回にも5点を追加。3—12の5回にも4点を挙げて追撃の手を緩めなかった。チームでは2010年6月7日の広島戦(福山)で21得点を挙げて以来の猛打。西村監督は「2回に7点で次の回に5点。3点を取られた後(の5回)にすぐ4点を取ったのがチームとしても一番大きかった。今日は素晴らしかったです」と褒めちぎった。

 ロメロが2回に14号ソロを放つと、3回の15号は自身初の満塁弾。4安打で来日3年目で自己最多6打点を挙げた。9試合連続安打と夏場に調子を上げてきた助っ人に西村監督は「今日のヒーローですから。状態は悪くないですよ」と目を細めた。

スポーツ報知

「オリックス」をもっと詳しく

「オリックス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ