武藤敬司、11・15「ザ・デストロイヤー メモリアル・ナイト」参戦決定…ライガー、宮原と豪華トリオでSANADA、BUSHI、KAIと対戦

8月16日(金)9時35分 スポーツ報知

武藤、ライガー、宮原対SANADA、BUSHI、KAIがメインを務めるデストロイヤー追悼興行

写真を拡大


 今年3月7日に88歳で亡くなった日米で覆面レスラーとして活躍した“白覆面の魔王”ザ・デストロイヤーさん(本名・リチャード・ベイヤー)の追悼興行「ザ・デストロイヤー メモリアル・ナイト〜白覆面の魔王よ永遠に」(11月15日、東京・大田区総合体育館)の主催者は16日、メインイベントの対戦カードを発表した。

 メインには、デストロイヤーさんが残したプロレス文化でもある足4の字固めとマスクマンのそれぞれの国内代表選手でもある武藤敬司と獣神サンダー・ライガーが参戦。2人は、デストロイヤーさんがかつて所属した全日本プロレスの三冠ヘビー級王者の宮原健斗と豪華トリオを結成する。

 対戦相手は、新日本プロレスからロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンを代表し、SANADAとBUSHIが参戦し、2人のパートナーにはKAIが務める。3人は武藤が全日本時代に実施していたセミナー「武藤塾」の第1期生でもあり、師弟対決の構図も含む豪華スペシャル6人タッグで天国のデストロイヤーさんへプロレスのすばらしさを捧げるマッチメイクとなった。

スポーツ報知

「ザ・デストロイヤー」をもっと詳しく

トピックス

BIGLOBE
トップへ