【巨人】マシソン、実戦復帰1回無失点 走者なしでもセットポジションに改良

8月16日(金)19時41分 スポーツ報知

巨人・マシソン

写真を拡大


◆イースタン・リーグ 巨人9ー1西武(16日・ジャイアンツ)

 巨人のスコット・マシソン投手(35)が16日、イースタン・リーグ西武戦(G球場)で9—1の8回に登板。1回打者3人2奪三振無失点と好投した。

 マシソンは今季14登板で防御率5・23。コンディションを万全に整えるため7月26日に登録抹消となり、それ以来ファームで慎重に調整を進めてきた。

 以前まで、走者なしでは振りかぶって投げていたが、この日は走者なしでもセットポジションで投球。力感のないフォームから150キロも計測した。山田を遊ゴロ、牧野を高め直球で空振り三振、金子一を外角スライダーで空振り三振。1イニングを完璧に抑えた。

 この試合では、吉川大が途中から遊撃の守備に入って右足甲の骨折から実戦復帰。西武では内海が実戦復帰登板で0/3回を8失点だった。

スポーツ報知

「巨人」をもっと詳しく

「巨人」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ