【巨人】5年ぶり優勝へ…過去の「勝負どころ」で勢いづいたケースは

8月16日(金)6時1分 スポーツ報知

14年、リーグ優勝を決めてナインと喜ぶ阿部(中央)

写真を拡大


 巨人の阿部慎之助捕手(40)が15日、5年ぶりのリーグ優勝へ「今がシーズンの勝負どころじゃないかな」とコメントした。過去に巨人が「勝負どころ」で勢いづいたケースを振り返る。

 ▽09年8月25〜27日

 2位中日と2.5ゲーム差で迎えたナゴヤDでの首位攻防3連戦。初戦は10回に谷が浅尾から決勝2点打。第2戦はラミレスの先制2ランを先発の東野を含めた4投手で7—4で逃げ切り。第3戦は小笠原が通算1000打点となる先制2ランで4—2。3タテを食らわせて5.5ゲーム差に引き離し、12ゲーム差での独走優勝&日本一になった。

 ▽12年6月29日〜7月1日

 首位・中日と2ゲーム差で迎えた東京Dでの直接対決。初戦は阿部がV2ラン。第2戦は敵失に阿部の2点打などで挙げた初回の4点を守り切った。第3戦は初先発の田原に打順が回ってきた2回無死満塁での代打・矢野がズバリ、2点二塁打などで3点先取。中日の反撃を5人のリリーフ陣で封じる“ブルペン・デー”で3タテ。首位浮上し、リーグV&日本一。

 ▽14年9月2〜4日

 3連勝で1ゲーム差に迫ってきた2位・広島と、長野、前橋、宇都宮で3連戦。第1戦は坂本勇が初回逆転3ランを放つなど12安打の猛攻で9—4。第2戦は5回代打・井端が逆転打。投手戦となった第3戦は内野ゴロで挙げた1点を沢村、西村、山口、マシソンで守り切った。3連勝でマジック点灯、リーグ3連覇。

スポーツ報知

「巨人」をもっと詳しく

「巨人」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ