平野、同点3ラン被弾 高地苦手「フォーク落ちない」

8月16日(金)5時48分 スポーツニッポン

<ロッキーズ・ダイヤモンドバックス>6回に登板、同点3ランを喫した平野(AP)

写真を拡大

 ◇ナ・リーグ ダイヤモンドバックス6—7ロッキーズ(2019年8月14日 デンバー)

 ダイヤモンドバックスの平野は5—2の6回に3番手で1回を投げ、1本塁打を含む5安打3失点と苦しんだ。

 高地にある敵地デンバーで同点3ランを被弾。「フォークボールが落ちなかった。基本的にここは難しい。なかったことにするしかないと、ここでは特に思っている」と話した。

 9回の逆転サヨナラ2ランを含む4本塁打が飛び出した打者有利の球場。平野も2シーズンで通算9イニングを投げて12失点と苦手にしている。

スポーツニッポン

「フォーク」をもっと詳しく

「フォーク」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ