4年目のDeNA・戸柱 プロ初三塁打が貴重な同点打「積極的にいきました」

8月16日(金)20時8分 スポーツニッポン

<D・広>4回2死二、三塁 適時三塁打を放つ戸柱 (撮影・白鳥 佳樹)

写真を拡大

 ◇セ・リーグ DeNA—広島(2019年8月16日 横浜)

 DeNAの戸柱恭孝捕手のプロ4年目初三塁打が貴重な同点打となった。

 0—2の4回2死二、三塁。大瀬良の直球を捉えると、打球は中堅フェンスを直撃。戸柱は一気に三塁を陥れた。3試合ぶりのスタメン起用に応え、試合を振り出しに戻す一打に「チャンスの場面だったので積極的にいきました。ランナーを還すことができ良かったです」と気合を込めた。

スポーツニッポン

「DeNA」をもっと詳しく

「DeNA」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ