小島よしお始球式に登場「イップス」でワンバン投球も「パフォーマンスは100点です」

8月16日(金)18時28分 スポーツニッポン

<D・広>始球式の前にネタを披露する小島よしお(撮影・島崎忠彦)

写真を拡大

 ◇セ・リーグ DeNA—広島(2019年8月16日 横浜)

 「勝祭2019」として行われた第1戦は、お笑いタレントの小島よしおがセレモニアルピッチに登場した。

 トレードマークの海パンに法被姿で登場。「横浜4連敗。でもそんなの関係ねえ!」とまずはネタを披露しファンを沸かせた。

 法被を脱ぎ捨て、サウスポーから放たれた一投は、ワンバウンドで大きく一塁側に逸れた。「イップス患っているんで、僕。でもパフォーマンスは100点です」と満足げだった。

 ブルペンでは上茶谷からマンツーマン指導を受けたそうで「20分くらい一緒にいて、最後は“かみちゃ”って呼んでいました」と打ち解けた様子。し烈な優勝争いを繰り広げながら、現在4連敗中のDeNAには「今季は浮き沈みがある感じで、僕の芸人人生と重なる。僕となぞらえるなら、今再ブレイクといわれていますので、谷あれば必ず山あり。そうなると思います」と上昇を予告しエールを送っていた。

スポーツニッポン

「小島よしお」をもっと詳しく

「小島よしお」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ