延長十回の一死満塁、明石商がサヨナラスクイズ

8月16日(金)17時20分 読売新聞

5回明石商2死、重宮が本塁打を放つ(16日)=沼田光太郎撮影

写真を拡大

 明石商3—2宇部鴻城(3回戦=16日)——明石商(兵庫)がサヨナラ勝ちで8強入りを決めた。2点を先制されたが、五回に重宮がソロを放ち、八回に内野ゴロの間に追いついた。延長十回は一死満塁から河野がスクイズを決めた。宇部鴻城(山口)は初回に酒井の2ランで先制したが、追加点を奪えなかった。

ヨミドクター 中学受験サポート 読売新聞購読ボタン 読売新聞

「延長」をもっと詳しく

「延長」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ