第2節もビッグマッチ!マンC対トッテナム戦のカギを握る4選手

8月17日(土)13時0分 FOOTBALL TRIBE

写真提供: Gettyimages

今シーズンのプレミアリーグは開幕節からビッグマッチが続く。開幕節はチェルシーとマンチェスター・ユナイテッドが激突し、第2節ではマンチェスター・シティとトッテナム・ホットスパーがエティハド・スタジアムで対戦する。

順調に開幕節を勝利したシティとトッテナム。昨シーズンの王者と3位の戦いに大きな注目が集まることは間違いないだろう。今夏は、この戦いのカギを握る4人の選手をご紹介する。


写真提供:GettyImages

クリスティアン・エリクセン

クラブ:トッテナム・ホットスパー

去就は不透明だが、現在のトッテナム攻撃陣を巧みに操るエリクセンの存在は大きい。長短の絶妙なパスにより、トッテナムは数多くのシュートチャンスを得てきた。

ただ、エリクセンに弱みがあるとすればデュエルの勝率だ。彼は試合の中でなるべくデュエルが起こらないように立ち回るが、デュエルの勝率は4割にも満たない。

シティとしては、いかにエリクセンに物理的なプレッシャーを与えることができるかが重要になるだろう。エリクセンを自由にすれば、大きなピンチが待っている。


写真提供: GettyImages

ロドリ(ロドリゴ・エルナンデス)

クラブ:マンチェスター・シティ

今夏の移籍市場でシティに加入したエリクセンは、フェルナンジーニョの後釜として十分すぎるパフォーマンスを発揮している。コミュニティー・シールドのリバプール戦と開幕節のウェストハム・ユナイテッド戦のどちらもで90%以上のパス成功率を記録した。

ただ、この試合で求められるのは守備面での貢献度になるだろう。特に、前述したエリクセンに物理的なプレッシャーを与えられる選手がいるとすればロドリだ。エリクセンとロドリの攻防は、この試合の行く末を大きく左右するだろう。


写真提供:Getty Images

ハリー・ウィンクス

昨シーズンの後半戦から、優れたパフォーマンスを見せているウィンクス・開幕節のアストン・ビラ戦でもエリック・ダイアーを押しのけてスタメンに抜擢された。

ダイアーの置かれている状況を鑑みると、シティ戦もウィンクスが起用される可能性が高い。ハイレベルな相手にも90分間を通して、持ち前のキープ力を見せながら試合を組み立てることができるだろうか。

この試合では創造性に関する部分はエリクセンやデレ・アリに任せ、彼の持ち味である献身的かつアグレッシブなディフェンスに期待したい。


写真提供:Getty Images

セルヒオ・アグエロ

いかに中盤や最終ラインの選手が素晴らしい展開をお膳立てしても、最後にストライカーが仕事をしなければ意味がない。そういった意味で、アグエロはこの試合で真価を問われるだろう。

開幕節のウェストハム・ユナイテッド戦ではガブリエル・ジェズスにスタメンの座を譲ったアグエロ。ジェズスはその試合で結果を残した。

ただ、ビッグ6を相手にする試合ではアグエロの出番だ。彼は上位勢を相手にした試合に強く、トッテナム戦では14試合で10ゴールの活躍を見せている。起用されれば、結果を残す可能性は高いだろう。


FOOTBALL TRIBE

「トッテナム」をもっと詳しく

「トッテナム」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ