スウェーデン決戦の欧州ツアー 谷原秀人、全米覇者の弟は予選落ち

8月18日(土)11時47分 ALBA.Net

トータル7オーバーで予選落ちを喫した谷原秀人(写真は全英オープン)(撮影:GettyImages)

写真を拡大

<ノルディア・マスターズ 2日目◇17日◇ヒルズGC(6,931ヤード・パー70)>

舞台はスウェーデン。欧州ツアーの「ノルディア・マスターズ」2日目が終了し、日本勢で唯一出場している谷原秀人はトータル7オーバーの127位タイで予選落ちとなった。


この日7アンダーをマークして一気に首位タイに浮上したイングランドのポール・ウォーリンと2位タイからスタートしたスコット・ジェイミソン(スコットランド)がともにトータル11アンダー。トータル9アンダーの3位にトーマス・エイケン(南アフリカ)がつけている。

メジャー2勝で元世界ランク1位のマーティン・カイマー(ドイツ)、2015年の「日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯」で優勝を遂げたアダム・ブランド(オーストラリア)らがトータル6アンダーの7位タイから上位を追う。

「全米オープン」で連覇を果たし、先週の「全米プロゴルフ選手権」で海外メジャー3勝目を挙げたブルックス・ケプカ(米国)の弟・チェイスはトータル2オーバーの85位タイで予選落ちとなっている。

【2日目の順位】
1位T:スコット・ジェイミソン(-11)
1位T:ポール・ウォーリン(-11)
3位:トーマス・エイケン(-9)
4位T:リー・スラッタリー(-7)
4位T:ニール・ブラッドリー(-7)
4位T:ハンター・スチュワート(-7)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

ALBA.Net

「スウェーデン」をもっと詳しく

「スウェーデン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ