U-21日本代表、再び先発8人を変更。グループ首位突破懸けてベトナム戦へ

8月19日(日)17時16分 フットボールチャンネル

 インドネシアで開催されているアジア大会2018に出場しているU-21日本代表は、19日にグループリーグ第3節の試合でU-23ベトナム代表と対戦する。この試合に向けたスターティングイレブンが発表された。

 第2節のパキスタン戦で先発メンバー8人を入れ替えた森保一監督は、今回も8人を変更。だが初戦のネパール戦と完全に同じメンバーに戻したわけではなく、2試合連続で先発していた3人はスタメンから外れている。

 GKはパキスタン戦で負傷した小島亨介に代わってオビ・パウエル・オビンナが初先発。MF遠藤渓太、神谷優太、FW前田大然の3人は2試合連続先発となり、その他の7人はネパール戦に先発していた選手たちが復帰している。

 日本はここまで2連勝を収め、決勝トーナメント進出は決定済み。ベトナムに勝利を収めれば首位通過となるが、敗れた場合は2位通過、引き分けの場合はフェアプレーポイントやPK戦などでの決着となる。

 U-21日本代表、ベトナム戦のスターティングイレブンは以下の通り。

▽GK
12. オビ・パウエル・オビンナ(流通経済大)

▽DF
5. 杉岡大暉(湘南)
7. 原輝綺(新潟)
20. 立田悠悟(清水)

▽MF
6. 初瀬亮(G大阪)
8. 三笘薫(筑波大)
10. 三好康児(札幌)
11. 遠藤渓太(横浜FM)
16. 渡辺皓太(東京V)
17 神谷優太(愛媛)

▽FW
18. 前田大然(松本)

フットボールチャンネル

「U-21」をもっと詳しく

「U-21」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ