U-21日本代表、ベトナムに敗れ2位通過。16強では韓国破ったマレーシアと対戦

8月19日(日)19時53分 フットボールチャンネル

【U-21日本 0-1 U-23ベトナム アジア大会D組第3節】

 アジア大会2018男子サッカー・グループリーグD組第3節の試合が19日に行われ、U-21日本代表とU-23ベトナム代表が対戦した。

 日本とベトナムはいずれもネパールとパキスタンに勝利を収めて勝ち点6を獲得し、決勝トーナメント進出を決定済み。最終節の直接対決は首位通過を争う一戦となった。

 2試合を終えた時点での両チームは成績は得点5、失点0で並んでいた。どちらかのチームが勝利を収めれば首位通過、引き分けならフェアプレーポイントでの順位決定となる。試合前の時点ではベトナムがフェアプレーポイントで1ポイント上回っていた。

 開始からわずか2分あまりを過ぎたところで、日本はミスから今大会初失点を喫してしまう。GKオビ・パウエル・オビンナからのパスを受けたMF神谷優太がトラップミスでボールを失い、ベトナムのグエン・クアン・ハイが先制のシュートをゴール左へ蹴り込んだ。

 そのままチャンスを作れない日本は1点ビハインドで前半を終了。後半立ち上がりからの2枚替えで岩崎悠人と松本泰志を投入するも、最後までゴールを奪えずに試合終了を迎えた。

 この結果、日本はグループを2位通過。ベスト16にあたる決勝トーナメント1回戦では、韓国を下してE組首位通過を決めたマレーシアと対戦する。

【得点者】
3分 0-1 グエン・クアン・ハイ(ベトナム)

フットボールチャンネル

「ベトナム」をもっと詳しく

「ベトナム」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ