【MLB】前代未聞退場の“天井ツンツン男”にファン不快感「やめるべき」「奇妙な男」

8月19日(月)7時40分 フルカウント

ヤンキース・ガードナーはダグアウト天井をバットで激しく突いたとして退場処分を受けた

■ヤンキース 6-5 インディアンス(日本時間18日・ニューヨーク)

 ヤンキースのアーロン・ブーン監督、ブレット・ガードナー外野手が17日(日本時間18日)、本拠地のインディアンス戦で退場処分を受けた。6回1死の攻撃でメイビンが外角低めへのフォーシームで見逃し三振に倒れた際に主審のベン・メイへ抗議。ベンチ内から野次を飛ばしていたとみられるブーン監督が主審から退場処分を受けると、ガードナーはダグアウト内の天井をバットで激しく突いていたとして一塁塁審のフィル・カッチから退場を言い渡された。MLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」の公式ツイッターは動画付きで紹介。ファンからはガードナーを批判する声が集まっている。

 前代未聞の退場だ。ガードナーは天井をバットで激しく突いたために退場処分となった。ベテラン外野手はMLB公式で「正直、ちょっとクレイジーだったよ。バットでダグアウトの天井を叩いたことで、僕は退場になったんだ。(叩いてる)音がうるさすぎたのかな。あまり快くはなかったよ。僕の行為(バット突き)によって、退場させられることが妥当だなんて思わなかったよ。僕がダグアウトの天井を叩いていると、すぐさまフィルが一塁から走ってきて、ダグアウトにいる僕を指さしながら『そんなことしたらいかん』と伝えてきたんだよ」と振り返っている。

 9日の敵地ブルージェイズ戦でも退場処分を受ける数分前に、バットでタグアウトの天井を突いていた。その行為自体には不快感を覚えているファンも多かったが、今回も同様だった。「Cut4」の公式ツイッターが「ガーディは止められない。ガーディは止まることはない」と題した投稿にはファンの批判の声が殺到した。

「彼は(バット突き行為を)やめるべきだ」

「彼が退場になってよかったよ。赤ん坊が癇癪を起しているようなものだからね。これは大人のスポーツだ。それなりの振る舞いをしないといけないよ」

「あいつには問題があるな……」

「なんとまあ、プロらしからぬ子供だ」

「天井にデカい蜘蛛がいたんだな」

「彼がこの行為をする理由を、だれか僕に教えてくれないか? 意味が分からない」

「なんて奇妙な男だ」

「そのダグアウトの屋根が少したるんでいたようだね。僕が思うに、彼は修復していたんだよ」

「哀れだな」

 ガードナーのコメントからは“バット突き”に対する反省のコメントはないが……。この退場劇で“天井ツンツン男”は見納めとなるのだろうか。(Full-Count編集部)

フルカウント

「退場」をもっと詳しく

「退場」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ