U−21日本代表、ベトナムに完封負け…グループ2位で決勝T進出

8月19日(日)19時53分 サッカーキング

日本vsベトナムの一戦は白熱した展開に [写真]=Getty Images

写真を拡大

 第18回アジア競技大会・グループD第3節が19日に行われ、U−21日本代表とU−23ベトナム代表が対戦し、日本は0−1で敗北した。

 ボールを支配しかけた日本だったが、思わぬ形で失点してしまった。3分、GKからボールを受けようとディフェンスラインまで下がってきた神谷優太がトラップミス。自陣ペナルティエリアすぐ外でボールを奪われると、ガラ空きのゴールに流し込まれた。

 素早い縦の攻撃を仕掛けてゴールに迫るベトナムとは対照的に、日本はなかなかチャンスを作れず。時間が経つにつれて徐々にボールを支配し始め、前田大然の俊足を生かした攻撃を披露するも、日本は前半のうちに追いつくことはできなかった。

 70分には遠藤渓太が惜しいシュートを放ち、80分にはスルーパスに抜け出した前田がオフサイドの判定を受けるもいい動き出しを見せ、徐々にゴールの可能性が感じられた。さらに90分には、スルーパスに抜け出した上田綺世がGKをかわしシュートを放ったが、同点弾とはならず。

 最後までゴールを奪えなかった日本は、グループD2位で決勝トーナメント進出。1回戦は24日にグループEの1位と対戦する。

【スコア】
日本代表 0−1 ベトナム代表

【得点者】
0−1 3分 クゥワン・ハイ(ベトナム)

【スターティングメンバー】
オビ・パウエルオビンナ:杉岡大暉、原輝綺(46分 松本泰志)、立田悠悟:初瀬亮、三笘薫(46分 岩崎悠人)、三好康児、遠藤渓太、渡辺皓太、神谷優太:前田大然(80分 上田綺世)

サッカーキング

「U-21」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「U-21」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ