西武渡辺監督 投手責めぬ裏に高校時代の2度のサヨナラ負け

8月19日(金)7時0分 NEWSポストセブン

日本球界の頂点を極めたプロ野球選手・監督といえども、高校球児の時の記憶がその後の野球観を作り出している——。スポーツライター・永谷脩氏が、12球団監督たちの采配のルーツを、彼らの高校球児時代に探った。ここでは西武・渡辺監督のケースを紹介する。


* * *

最下位脱出にかける西武監督・渡辺久信は、打たれた投手を責め立てるコメントをしないことで知られる。


やはりそのルーツも甲子園にある。1年生ながらマウンドに立った夏(1981年)、2回戦で京都商にサヨナラ負け。先輩に申し訳なく、涙にくれる渡辺だったが、


「先輩は誰も俺を責めず、来年頑張れといってくれた。だから野球が続けられた」


渡辺がいた頃の前橋工(群馬)は、関東に敵なしといわれた。しかし3年夏の県予選決勝では、延長の末、自らの押し出し四球で敗退を喫した。


「大舞台でサヨナラを2度も経験すれば、人を許せるし腹も据わる。リラックスプレーが一番大事なんです」


そう渡辺は笑うのだが、今季の投手陣の不調はそんな“優しさ”がアダになっている感も否めない。


※週刊ポスト2011年9月2日号

NEWSポストセブン

「サヨナラ」をもっと詳しく

「サヨナラ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ