GTE規定は2023年で終了。GT3ベースの新カテゴリーが2024年ル・マン/WECに誕生へ

8月20日(金)19時3分 AUTOSPORT web

 8月20日、FIA世界自動車連盟とACOフランス西部自動車クラブは「GT3プラットフォームに基づく」新しいフォーミュラが、2024年からのル・マン24時間レースとそれに関連するWEC世界耐久選手権などのチャンピオンシップにおいて、現行のGTEに置き換えられることを共同で確認した。


 FIAエンデュランス・コミッションのプレジデントを務めるリシャール・ミルは、今週末に開催される第89回ル・マン24時間を前に行われたACOの年次記者会見の場で、この移行について説明した。


 現在、WECやELMSヨーロピアン・ル・マン・シリーズなどで採用されているGTEレギュレーションは2023年まで継続され、以後は世界中のGTカーシリーズで採用されているFIAのグローバルGT3フォーミュラに置き換えられる。


 この動きはランボルギーニやアウディ、メルセデスAMG、ホンダなど、現時点でGTEマシンを製造していないGT3メーカーにもWEC、ELMS、ル・マンのGTカテゴリーに参戦する道が開かれたことを意味する。


 なお、GT3カーはすでにAsLMSアジアン・ル・マン・シリーズと、ミシュラン・ル・マン・カップへの参戦が認められている。


 GTEプロクラスは2022年末まで、1年以上の型落ちマシンを使用するGTEアマクラスは2023年の最終シーズンまで継続される予定だ。


「ACOとFIAにとって、GTはつねに重要なパラメーターだった」とミルは語った。


「多くのアマチュアドライバーがレースに参加できることは、我々にとって重要なことだ。現在の状況では、2023年まで現行カテゴリーであるGTEを維持する予定だ」


「しかし2024年以降は現在のGT3プラットフォームに基づく新しいGTカテゴリーが誕生することになる。我々の目標は今年の上半期にこのトピックに取り組むことだ」


「これらすべてが今年の年末までにFIA世界モータースポーツ評議会で最終決定することを望んでいる」

WEC/ル・マン24時間を戦うポルシェのGTE規定車両、ポルシェ911 RSR-19
WEC/ル・マン24時間を戦うポルシェのGTE規定車両、ポルシェ911 RSR-19
LMGTEプロクラスに参戦するAFコルセのフェラーリ488 GTE Evo
LMGTEプロクラスに参戦するAFコルセのフェラーリ488 GTE Evo

AUTOSPORT web

「ル・マン」をもっと詳しく

「ル・マン」のニュース

「ル・マン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ