アーセナル退団のベテランSB、アウクスブルク入りが決定。「ブンデスは魅力的」

8月20日(火)7時20分 フットボールチャンネル

 アウクスブルクは19日、昨季限りでアーセナルを退団しフリーとなっているDFシュテファン・リヒトシュタイナーの獲得を発表した。契約期間は2020年6月30日まで。

 契約書にサインをしたリヒトシュタイナーは「このクラブはここ数年間で大きく成長を遂げている。チームは若く意欲に溢れている選手が多い印象を持っている。またブンデスリーガは自分自身にとってとても魅力的だ」とコメントしている。

 35歳のリヒトシュタイナーは昨季アーセナルでプレーした。23試合に出場するもシーズン終了後に契約満了で同クラブを退団していた。

 アウクスブルクは右サイドで昨季レギュラーを務めていたDFヨナタン・シュミットがフライブルクへ移籍した事もあり代役を探していた。ちなみに、17日に行われたブンデスリーガ開幕戦でアウグスブルクはボルシア・ドルトムントと対戦し1-5で敗れている。

 そんななか、ラツィオやユベントスなどクラブレベルでは601試合に出場し、スイス代表として105試合の出場している経験豊富なベテランサイドバックの加入は24日に行われる第2節のウニオン・ベルリン戦で出場する事になるのだろうか。

フットボールチャンネル

「アーセナル」をもっと詳しく

「アーセナル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ