ランパード体制最初の昇格選手は19歳DF? ザッパコスタの“後釜”に抜擢か

8月22日(木)12時20分 フットボールチャンネル

 チェルシーの下部組織(U-23)に所属する19歳のU-20イングランド代表DFリース・ジェームズに関して、チームを率いるフランク・ランパード監督がトップチーム昇格を考えているようだ。21日に英紙『サン』が報じている。

 現在、怪我で離脱しているジェームズ。手術を終えてリハビリ期間に入っており、来月には復帰する見通し。同紙によると、ランパード監督はジェームズに大きな期待を寄せており、近日中にトップチーム昇格させる考えもあるようだ。

 それを裏付けるように、イタリア代表DFダビデ・ザッパコスタのレンタル移籍が発表された。2020年1月までローマへ期限付き移籍するが、2020年6月までのレンタル延長オプションも付いている。そして、将来の売却を考慮し、チェルシーとは2022年6月まで契約を延長していた。右サイドバックは主にセサル・アスピリクエタが起用されているが、バックアップとしてジェームズが使われるかもしれない。

フットボールチャンネル

「チェルシー」をもっと詳しく

「チェルシー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ