鷹・岩嵜、1年半ぶり“復活投” ファンに感謝「待ってくれているのがわかった」

8月22日(木)9時35分 フルカウント

大差の9回登板で1回1失点「やはり高ぶるものがありました」

■オリックス 14-4 ソフトバンク(21日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクの岩嵜翔投手が21日、本拠地オリックス戦の9回に登板。2018年4月1日以来となるヤフオクドームのマウンドで復活投を見せた。

 8回を終えて9点差。岩嵜がマウンドに上がる頃には、ヤフオクドームのスタンドには空席が目立っていた。それでも1年4か月ぶりの背番号17の姿に大きな拍手が送られた。

「やはり高ぶるものがありましたね。ここで投げるのが一番いいなと思いました。緊張もしましたし、上(1軍に)に上がってきた最初の頃のような変な感覚でした」という岩嵜。被安打と与四球、犠飛による1失点という内容に「やっぱり集中しないといけないな、と。試合に入っていく感覚やバッターに対する感覚が足りないですね」と反省した。

 それでもファンの歓声には「これだけの負け試合でも待ってくれた感じはわかりました。(チームメートの)みんなにも『おかえり』と言ってもらって素直にうれしかったです」と感謝した。(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

フルカウント

「ヤフオクドーム」をもっと詳しく

「ヤフオクドーム」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ