マンU、ディバラ獲得を諦めた理由は…

8月30日(金)2時5分 FOOTBALL TRIBE

パウロ・ディバラ 写真提供:GettyImages

 マンチェスター・ユナイテッドがユベントスに所属するアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラの獲得を諦めた理由を英紙『ミラー』が伝えている。

 ユナイテッドは今夏の移籍市場でディバラの獲得に動いており、 ベルギー代表FWロメル・ルカクを含めたトーレド移籍を画策するなどユベントスと交渉を続けていたことが伝えられていた。

 しかし、移籍期間終了までにこの移籍は実現せず。ディバラのイングランド行きは消滅した。

 そして、今回の報道によるとユナイテッドがディバラの獲得を諦めた理由は取引をする際に発生する移籍金、年俸、およびディバラの画像の権利など、ユナイテッドにとって費用がかかりすぎるということが主な要因だったようだ。

 その背景にはユナイテッドが、昨年1月にアーセナルから獲得したチリ代表FWアレクシス・サンチェスが関係しているよう。

 サンチェスには多額の移籍金と給料を支払い、同選手は在籍中に期待に見合う結果を残すことはできなかった。

 ユナイテッドはサンチェスとの契約がクラブを激しく襲ったことを教訓に、ディバラとの契約から手を引いたようだ。

 

FOOTBALL TRIBE

「獲得」をもっと詳しく

「獲得」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ