バルサの16歳新星がメッシ超え。クラブ史上最年少得点記録を塗り替える

9月1日(日)6時15分 フットボールチャンネル

 バルセロナのFWアンス・ファティが、同クラブの最年少得点記録を更新した。スペイン『マルカ』などが伝えている。

 現地時間8月31日、バルセロナはリーガエスパニョーラ第3節でオサスナと対戦。前節クラブ史上2番目の若さでデビューを飾った16歳のファティはこの試合の後半からピッチに入ると、51分にヘディングでゴールを挙げた。16歳304日での得点は、同クラブの史上最年少記録だ。

 バルセロナのこれまでの最年少得点記録は、17歳53日でゴールを決めたFWボージャン・クルキッチ(現モントリオール・インパクト)だった。これに続くのがFWリオネル・メッシで17歳331日となっている。

 ファティの記録は、リーガエスパニョーラ全体では3番目。同リーグの最年少得点記録は、FWファブリス・オリンガ(現ムスクロン)の16歳98日というものだ。

フットボールチャンネル

「記録」をもっと詳しく

「記録」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ