ハミルトン2位「強力なフェラーリに戦いを挑めた。イタリアに向けていい兆候」:メルセデス F1ベルギーGP

9月2日(月)16時36分 AUTOSPORT web

 2019年F1ベルギーGP決勝で、メルセデスのルイス・ハミルトンは2位でフィニッシュした。


 3番グリッドからソフトタイヤでスタートしたハミルトンは、レース前半はフェラーリ勢の後ろ3番手を走行。22周目にミディアムに交換し、32周目にセバスチャン・ベッテルの前に出て、トップのシャルル・ルクレールを追ったが、オーバーテイクするにはいたらなかった。


■メルセデス-AMG・ペトロナス・モータースポーツ

ルイス・ハミルトン 決勝=2位

(土曜にF2のレースでの事故でアントワーヌ・ユベールが命を落とし)モータースポーツ全体にとって辛い週末になった。今日はアントワーヌのことを思いながらレースをした。


 今週末は一貫して強さを発揮することがなかなかできなかったが、予選と決勝はまずまずだったと思う。満足だよ。もちろん決勝日にはいつだって優勝を狙っているけれど、全力を尽くしたと断言できる。


 フェラーリはとても強かった。その彼らにレース終盤、追いつくことができたのは、ポジティブな要素だ。

 シャルルにおめでとうと言いたい。週末を通して素晴らしい仕事をしたね。


 来週末のレースまでの数日間で、フェラーリとのストレートスピードの差を縮めるためには、膨大な作業に取り組む必要がある。でもそれを可能にするチームがあるとしたら、それはメルセデスだ。次のモンツァでも彼らに挑戦できるといいね。


AUTOSPORT web

「ハミルトン」をもっと詳しく

「ハミルトン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ