【U-18W杯】日本、4番石川の1号3ランで勝ち越しに成功! 台湾勝利でSR進出も決定

9月3日(火)21時29分 フルカウント

同点の5回2死一、三塁から4番石川が左翼席へ勝ち越しの1号3ラン

■日本 – パナマ(3日・機張)

 韓国・機張(きじゃん)で行われている「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(全試合テレビ朝日系列・BS朝日・AbemaTVで放送)は3日、大会5日目を迎え野球日本代表「侍ジャパン」高校代表はパナマと対戦。同点の5回に4番・石川が勝ち越し1号3ランを放った。

 日本は同点で迎えた5回。1死から森が右翼線三塁打で出塁すると2死となり韮澤が四球を選び一、三塁の好機で打席には石川。ここでパナマは2番手右腕スアレスがマウンドに上がる。石川はフルカウントからの7球目、直球を捉え左翼席へ1号3ランを放ちチームは勝ち越しに成功した。

 この日、台湾は15-0で南アフリカに勝利し4勝1敗としてスーパーラウンド進出が決定。日本もこの時点でオープニングラウンド突破が決まった。(Full-Count編集部)

フルカウント

「W杯」をもっと詳しく

「W杯」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ